チートデイとは ダイエット中でもお腹いっぱい食べられる

皆さんはダイエットと聞くとどんなイメージを思い浮かべますか?
徹底的に食べたいものを我慢して、きついトレーニングをこなさないといけないというイメージが強いのではないでしょうか。
確かにそういうイメージ通りのことをしなければならないのは事実ですが、ずーっと食べたいものを徹底的に我慢していかなければならないとなると、非常にキツくて続けられる自信がなくなってくることでしょう。
ですがご安心ください。実はダイエット中にあえて一日だけいっぱい食べてもいい日を設けることで、より効果的なダイエットにする方法があるのです。
それがチートデイと呼ばれているものなのですが、今回はチートデイについてご紹介していきましょう。


そもそもチートデイとは何か

ダイエットを実践していると、最初はスムーズに体重が落ちてお腹周りも細くなるのを実感できるかと思いますが途中から段々と効果が薄れてきてあまり体重が落ちにくくなってくる時があります。
いわゆるこの「ダイエットの停滞期」と呼ばれる時期に、あえて食事量を増やして摂取するカロリーを増やす日をチートデイと呼びます。

チートデイの効果とは

まずはダイエット中の効果が薄れてくる仕組みについて解説していきましょう。
ダイエットをすることで食事制限をかけ続けていくと、脳が「身体が飢餓状態になっている」と判断して身体機能を維持しようとするため、身体の消費エネルギーを少なくさせるように命令を出し、身体を「省エネモード」にします。これがダイエット中の効果が薄れていく仕組みです。
そこで、チートデイが有効となってきます。敢えて多く食事をとることで飢餓状態を認識している脳に「いっぱい食べているから今は飢餓状態じゃない」と認識させてしまうことにより、脳が体に「省エネモード」⇒「通常モード」に切り替えるように命令を出します。これにより、体は通常時のカロリーを多く消費する状態になり再び「瘦せやすい身体」に戻るようになります。

チートデイの頻度はどのくらいなのか

チートデイを行う頻度としては、ダイエット停滞期に入ったら「週に一日」で設けるようにしてみましょう。
ご注意いただきたいのが、チートデイを実行した翌日はちゃんとダイエットを行うように心がけて欲しいということです。日数を設けてメリハリをつけないとズルズルと食べ過ぎてしまう日が続いてしまい、ダイエットをする意味がなくなるのでチートデイを設ける際には計画を立てて行うようにして臨んでいきましょう。
また、チートデイ当日に大量にカロリーを摂取する分には大丈夫なのですが野菜などのビタミン類も摂取する等、栄養素バランスにも気を付けて食べるようにしてください。

いかがでしたか?今回はダイエット中にも敢えて一日だけ大量に食べることで瘦せやすくさせる方法、チートデイについてご紹介をいたしました。
チートデイをダイエットに取り入れる際には、きちんとした計画性を立てて実行するようにしてください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA