脇腹を引き締めたい方にオススメ 脇腹トレーニングメニュー

普段日ごろからトレーニングをしていても、あまり効果が実感しづらい部分というところがあります。
今回はそのうちの一つである脇腹の部分に効果的なトレーニング方法をご紹介していきましょう。


脇腹トレーニングは効果的!?

腹筋のトレーニングをしている方は非常に多いと思いますが、あまり脇腹のトレーニングを意識している方はあまり多くはないのでないでしょうか。
脇腹のトレーニングは女性でしたらスタイルを引き締める効果が、男性は腹筋を割りたいと望んでいる方にオススメしております。
女性はやはり腰のラインを美しく見せたいと思う方が多いと思いますが、普段のトレーニング+脇腹のトレーニングを行うことにより、脇腹周りの脂肪をそぎ落としていくことができるので理想のウエスト造りに最適と言えるでしょう。
また男性の場合、腹筋を割りたいと望んでいる方が多いと思いますが腹筋のトレーニングだけでは難しいと思います。腹筋+脇腹のトレーニングを行うことにより、腹筋だけでなく脇腹の脂肪も効果的に落としていくことができるようになりますのでより効率的に腹筋を割ることが可能になるでしょう。

効果的な脇腹トレーニングメニュー

ここからは、脇腹の効果的なトレーニングメニューをご紹介していきます。
ご紹介する方法はどれもが簡単で自宅でもすぐに取り掛かることができますので、すぐにでも始められちゃいます。
最初はきついかと思いますが根気よく続けていき、くびれたウエストや割れた腹筋を目指していきましょう。

1.サイドクランチ

  1. 右肩を上にして横になる
  2. 膝を90度に曲げる
  3. 頭を床につけるようにして、右脇腹を引き伸ばす。
  4. 右手を左耳につけて、左手を右脇腹に添える。
  5. 息を吐きながら右ひじを脇腹につけられるように頭を上げていき、脇腹をしっかりと縮める。
  6. 息を吸いながらゆっくりと頭をおろしていく。
  7. もう片方も同じやり方で行っていく。

ポイントは呼吸をしっかりと意識して行うこと、両手をそれぞれの部分に当てて行うと意識しやすいので両手を添えるようにしていきましょう。
回数は左右それぞれ15回ずつ行い、これを1セットとして3セット行ってみてください。
(厳しいようあれば2セットからでも大丈夫です。)

2.サイドエルボーブリッジ

  1. 横向きに寝て、膝を伸ばす。
  2. 床側の肘を垂直に曲げて腰が下がらないように姿勢を保つ。
  3. そのままの状態を30秒~1分間キープする。30秒休憩したら再度行う。
  4. 反対側も同じように行う。

ポイントは意識してないと腰が下がりがちになってしまうので、腰の位置を意識してキープしましょう。
回数は30秒~1分間を一回として2回~3回を1セット、1セットを行なったら反対側も同じように1セット行っていきましょう。

3.レッグツイスト

  1. 仰向けの状態になり、足を真っ直ぐに上に伸ばす。両手は横に広げておく。
  2. 伸ばした足をゆっくりと右側に倒していく。床にはギリギリつけないようにする。
  3. 2~3秒ほどキープしたら、足を左側にゆっくりと同じように行う。

ポイントは倒した足は床につけないこと、ギリギリまで伸ばしたら床につけないように注意しましょう。
回数は左右を合わせて30回~40回を1セット、2~3セットこなしていくようにしてみましょう。

 

いかがでしたか?今回は脇腹や横腹に効果的なトレーニングメニューをご紹介いたしました。
腹筋のトレーニングももちろん大事ですが、これらの脇腹トレーニングも合わせて行うことで女性も男性も理想的なお腹を手に入れやすくなることでしょう。
これらのトレーニングメニューをぜひ毎日のトレーニングに組み入れてみてください。